先進

座談会 河潟 俊吾 × 篠崎 菜穂子 × 茨木 貴徳

Theme :
学環長特別セミナー
座談会「学環での学びの魅力」
メディアの仕事に活きる異分野融合教育

河潟 俊吾横浜国立大学
大学院 先進実践学環
学環長

篠崎 菜穂子横浜国立大学
大学院 先進実践学環
2年生 第1期生

茨木 貴徳横浜国立大学
教育学部 教授 
篠崎さんの指導教員

数学の「翻訳家」として活動するため決意した大学院への進学

河潟:篠崎さんが、社会人学生として大学院への進学を決めた動機は何だったのでしょうか。

篠崎:フリーアナウンサーとして活動していく中で、大学は数学科出身ということから、数学や理系分野のアシスタントなどの仕事が増えていきました。その中で感じたことは、実験などを通じて目に見える形で伝えることができる分野とは違い、数学の伝え方は本当に難しいということでした。また、どのような力を身につければ伝わるのかも私の中で明確になっていなかったので、研究を通してしっかり考えたいと思うようになりました。

河潟:数ある大学院の中から、なぜこの先進実践学環(以下、「学環」とします。)の修士課程を選ばれたのでしょうか。

篠崎:私の研究したかった内容が、理学部や教育学部、あるいはサイエンスコミュニケーション分野のどれにもピタッとハマらず、どこに行けばいいか悩んでいました。そんなときに、この学環が文理融合・異分野融合を提唱していたので、まさにここしかないと思って入学を決めました。

河潟:篠崎さんは、数学の「翻訳家」を目指されていると聞きました。

篠崎:はい、そうです(笑)。これまでも数学を伝えたり広めたりする活動は行ってきましたが、そこに何かきちんとした裏付けがあるわけではありませんでした。学環での研究を通して、理論的なベースや説得力を身につけられればと思っています。

先進実践学環だからこそ得られる様々な専門分野との接点

河潟:学環では事前に指導教員を決めて入学するシステムをとっています。篠崎さんは茨木先生が指導教員ですね。

篠崎:はい。茨木先生の教員紹介のページに書かれていた「「数学」は難しいと感じると思いますが、自分なりに楽しさを見つけてもらいたい」という言葉にピンと来て、茨木先生に指導教員をお願いしました。

茨木:教育学部に所属しており、卒業論文の指導では数学教育を扱っていますので、その内容も参考にしてコンタクトしていただいたのではないかなと思います。私自身の研究は、実はゴリゴリの数学なのですが(笑)。

篠崎:自分の問題意識がどう研究につながるのか最初は本当に漠然としていたのですが、茨木先生に「最初の段階はそれでよくて、徐々に形にしていって結論まで持っていくのが研究なんだよ」とおっしゃっていただいて、ぜひこの先生に指導していただこうと決めました。

河潟:2021年4月にこの学環がスタートし、篠崎さんはその第1期生です。新しい大学院なので前例がなかったわけですが、不安などはありませんでしたか。

篠崎:先輩もいませんし、まず多くの講義の中からどのように履修していいのか、最初は悩みました。でも、先生方からアドバイスもいただけましたので不安はありませんでした。

茨木:学環ではかなり幅広い講義を選択することが可能ですが、時間的制約から全学府の講義はなかなか履修できないので、迷うのであれば、まずは仕事のスケジュールと合うものに絞り、その中から興味あるものを選んでみては、とアドバイスさせていただきました。

篠崎:オンデマンドやオンラインの講義も充実していて、仕事と大学院の両立はさほど問題なくできて、本当に幅広い専門分野の知識を得ることができました。

Society5.0時代に求められる数学力「数学って楽しい!」を多くの人に

河潟:篠崎さんは現在修士2年目ですね。どのような研究を進めていますか。

篠崎:「Society 5.0時代に求められる数学力の明確化と、その普及におけるメディアの役割」というテーマで研究しています。①これからの時代に求められる数学力とは何かを明確化し、②数学力を伝えるためのコンテンツを作り、③それをメディアを通して伝えることの意義を探る、という3本の柱を立てて研究を進めています。

河潟:これからの時代に必要な数学力とは、具体的にどのような力でしょうか。

篠崎:市民の皆さんに求められる数学力ということで、「数学の基盤となる考え方を理解する力」、そして「Society 5.0時代に提供される情報やシステムを正しく理解して使える力」の二つではないかと考えています。

茨木:私も学校教育に携わる中で、数学と社会生活が切り離されている気がしています。なにも斬新的な数学を学ばなければいけないということではなく、今まで学校教育で学んできたことと社会生活がうまくリンクできたらいいなと思いますね。

篠崎:学校で習う数学のイメージだけではない数学の世界がこの世の中にはあって、「数学って楽しい!」と実感していただけたらいいなと思っています。自然と数学の基盤となる考え方が身につくように、まずはゲームから入っていただいて、「どうしてだろう」と、皆さんが仕組みを自ら発見し、それをまた別の問題で試して実証していくという、そんなコンテンツ作りを進めています。

文理融合・異分野融合で養われる多様な視点、人間力

河潟:この学環は、Society 5.0の構築・維持・発展の場面で活躍できる人材の育成を目指してスタートした大学院ですが、篠崎さんの研究においてもSociety 5.0を意識していらっしゃいますね。

篠崎:Society 5.0は、「情報化社会でありながら人間としてのあり方も大切にしていきたい社会」。数学の基盤となる考え方は、まさにこうしたSociety 5.0に求められる力だと感じています。

河潟:Society 5.0はまさに学環の打ち出す文理融合や異分野融合によって実現される社会とも言えます。篠崎さんは、別の分野の学びでご自身の研究に役立ったことなどありましたか。

篠崎:研究のスタートとして茨木先生からご提案いただいたのが、内閣府が策定した「第6期科学技術・イノベーション基本計画」を読み解くというものでした。文系、理系の両方のアプローチで数学力を考えていくという方法が、私にはまず一つ新鮮でした。また、学環共通科目『人間学通論』の講義で、「高齢社会と法」を学ぶ機会がありました。その中で「AI社会で大きな影響を受けるのは高齢者である」といった指摘があって、そうした視点を持てたことは、その後の研究にも本当に役立ったと感じています。

河潟:異分野融合を進めることで、ご自身の仕事にはどのような影響がありますか。

篠崎:仕事において必要な知識や考え方は、一分野に限らないですよね。数学を伝えていく際にも、文系・理系両方の知識をバランスよく持つことはとても大切だと感じています。私自身、様々な講義を学ぶことによって、知らないうちに人間力が養われ、知識や物の見方が広がったと感じています。それは本当に新鮮で、この学環で学んで得た、大きな力だと思っています。

茨木:それは大学の研究者も同じですね。自分の研究分野の特定の範囲だけでなく、他分野との繋がりを考えたりすることは、これからの社会にとって必要な視点だと思います。

身につけた知識、研究力をすぐ仕事で実践、活用できる

河潟:茨木先生は、社会人学生の皆さんに、学環でどのような学びをしていただきたいですか。

茨木:社会人の方は、仕事上でのキャリアアップやスキルアップのために大学院にいらっしゃる方が多いと思います。ただ、修士の2年間だけですべて答えが出るわけではありません。それゆえ、修了後に何か新しいことにチャレンジするときに、自らの力で研究し、道を開いていけるような、そんな研究力を身につけてほしいと思います。

河潟:最後に、篠崎さんから社会人学生を目指す皆さんにメッセージをお願いします。

篠崎:仕事をしながら大学院に通うことに、少なからず不安を感じていらっしゃる方もいると思います。自分の専門分野でも、直接研究に関係ない分野であっても、学んだことをすぐ仕事に活かせる場面はたくさんあって、それは大学院に入る前には想定していなかった強みとなりました。社会人大学院生ならではの利点はたくさんありますので、思い切って飛び込んでいただければと思います。

オンラインで実施された、座談会の様子

Profile

篠崎 菜穂子SHINOZAKI Naoko
日本大学理工学部数学科を卒業後、私立中高一貫校の数学教師を経てフリーアナウンサーに。放送大学やラジオNIKKEI等で理系番組を中心に聞き手や司会を務めるほか、幅広い年代の方に算数・数学の魅力を伝えるための講義やワークショップを行う。著書「はたらく数学~25の仕事でわかる数学の本当の使われ方~」(日本実業出版社、2015年)。